あゝ楼台の花に酔う

西山夘三 筑摩書房 1982年

限りなくノンフィクションに近い、著者曰く《漫画小説》。なんとこれを書き始めたのは三高在学中1929年のことだという。はじめにまとめたのが1941年、さらに加筆修正をして刊行のはこび。自由寮の生活、一高との対抗戦、ボート部の日々、青春を描いてあますことがない。また戦後加筆したと思われる箇所での《後から思えば》に哀切がこもる。
《2020/8》
おすすめ度 ★★★★★ 星5個

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA